食品

ウイスキーとブランデーの違いは?

ウイスキーブランデー違いって何だろう…。

皆様、気になったことはありませんか?

今回は、その2つの違いについて簡潔に書きたいと思います。

スポンサーリンク

ウイスキー&ブランデー

ウイスキーブランデーはどちらも蒸留水なんです。

じゃぁ、何が違うのかと言うと、

原料が違うんです!

ウイスキーは穀類が原料。
●ブランデーは果実が原料。

ウイスキーは

原料は、大麦ライ麦トウモロコシなどの穀物です。

↑これらを糖化、発行、蒸留させ、木の樽にて熟成させたお酒の事です。

また、ウイスキーはビールと原料が同じなのです。

穀物→ビールを蒸留する→ウイスキーになる。

スポンサーリンク

ブランデーは

原料は、白ブドウリンゴ洋ナシなどの果物です。

↑これらを発酵、蒸留させたお酒の事です。

また、ブランデーはワインと原料が同じなのです。

果物→ワインを蒸留する→ブランデーになる。

簡単に言うと…

ビール蒸留して、熟成させたものがウイスキー
 (原料は穀物)
ワイン蒸留して、熟成させたものがブランデー
 (原料は果物)

ウイスキーもブランデーもアルコール度数はどちらも約40%です。

ビールは約5%
ワインは約14%

スポンサーリンク

ウイスキーとブランデーの分類

スコッチバーボンウイスキーに分類できます。

コニャックブランデーに分類できます。

違いが分かるとお酒は楽しくなりますね☆

さて、今夜はウイスキーとブランデー、どっちを飲みますか?

ブログを最後まで読んで頂きありがとうございました☆

-食品

Copyright© イチオシ絆 , 2021 All Rights Reserved.